またまた、ふんどしパンツを試作しました😊


ふんどしひもパンは、
ひもブラよりもさらに「手びねり」度が高く、
思い立ったらすぐに作れる✨

腰ヒモを編んで、布の端処理をして、
あとは身体に当てながら、洗濯バサミなんかで仮止めしつつ、
縫う位置を決めて行く、という感じです。

思いついたことをすぐに形にできるので、楽しいです!

前回は、「二枚」の布を交差させたりして
「ダブル」ふんどしパンツにしてみましたが、

今回は、布を分けずに一枚の布をシンプルに「ひと捻り」。

写真ではちょっとわかりにくいですが、
「メビウスの帯」的な感じの構造に。


「ダブル」の時、布が分かれていると若干もたつく感じがありましたが、
この「ひと捻り」にしたら、なかなかいい感じです。

股間の部分に捻りを入れると立体的になり、平面的に布を渡すより、風通しが良くなるというか。
力の流れが一本にまとまり、軸が決まる?ような感じがします。

軽やかさが増し、さりげないつけ心地。
作るのも、さらに簡単。

そして、「表、裏の区別がない」とか「終わりがない、無限(∞)」、
「変化し続ける」ようなことの象徴としてなぞらえられることの多い
「メビウスの帯」。

何か、不思議な力を発揮してくれるような気がして
ワクワクします!